マレーシア 女性 55歳

脳腫瘍が発見され、即手術を勧められるが、危険性が伴うためFW水にての治療を決断。

1日3回、100ccのFW水摂取のみ行う。

温熱パッチは頭蓋骨が頭皮と腫瘍の間にあるため、患部の加熱が不可能と指示。

2ヶ月で腫瘍が縮小し、日常生活に復帰。

 

意見:脳は脳幹の働きで、体内で最も酸化しにくい場所です。

体内残留金属がそのため届きにくいためと考えられます。

しかし、脳内に一旦の侵入した微小金属が酸化腫瘍に変化すると非常に厄介な場所です。

つまり、治療に必要な物質も届けにくいという事です。

しかしながら、微小のHIVウイルスとも加合可能なFW水のクラスターは非常に小さいため、脳幹をすり抜け患部に届けられると考えられます。