※猫の白血病の治癒が見られました。

※エイズ感染猫が発症しておりません。

※全身に転移した犬の癌:

化学療法と同時にFW水の摂取を行っていますが、症状が好転しています。

しかしながら、どちらの療法が効果を生み出しているかは不明です。

FW水と化学療法の併用は全く問題ありません、ほかに化学療法による副作用の軽減化多く見られます。