運動における免疫力の増強

  • HOME »
  • 運動における免疫力の増強

運動(スポーツ)

運動は免疫力を上げるのに有効です。

それでは、何の運動をすればよろしいのでしょうか?

あまりにも種類が多くて選べませんが、メニューを大きく分けてみました。

・柔軟(ストレッチ)運動

・有酸素(エアロビクス)運動

・筋力増強(マッスルアップ)運動

 

これらを無理なく、バランスよく行えれば、精神面と肉体面のプラスで免疫機能がアップするというデータはあります。

しかし、忙しい時間の中でこれらをすべてこなすことは、容易ではありません。

 

自然免疫医学研究所は運動により体内から分泌される、成長ホルモンという名前のホルモンに興味を持ちました。

成長ホルモンは脳下垂体前葉にあるGH細胞より分泌されるホルモンです。

このホルモンは免疫力の増強に大きく貢献します。

成長ホルモンは成長期には多く分泌されますが、加齢とともに減少します。

つまり、免疫力が年を重ねるたびに落ちてくるわけです。

生活習慣病や成人病が年を重ねていくにしたがい、増えることも納得できます。

 

免疫を高めるトレーニングを研鑽中に、加圧トレーニングというトレーニングメソッドに着目しました。

 

加圧トレーニングは成長ホルモン分泌を平常時の280倍分泌させることで知られています。

この、成長ホルモンは免疫機能を上げことができる重要なホルモンです。

 

加圧トレーニングは血流の一部を制限して行うトレーニングです。

したがって、正しい指導者(トレーナー)の下で行わなければならず、自己流では危険を伴うため、広く一般に普及することは難しいようです。

(一部の芸能人やプロスポーツ選手が取り組んでいます)

 

以下は、加圧トレーニングの優位性を加圧ジムの責任者から聞き取りました。

・プロアスリートから車いす生活の方まで幅広く対応できるメニューがあります。

・柔軟・有酸素・筋力トレーニングができます。

・短時間で各メニューが効率良くこなせます。

・低負荷(ウエイトも含む)で行うため、怪我やダメージも少ないです。

・リハビリのメニューとしては安全・短時間で筋力アップができます。

・成長ホルモンがでるため、若いころのような身体に近づくことができます。

調査協力:加圧スタジオ HIWALANI

HIWALANI加圧トレーニング指導責任者:森田敏宏

 

森田敏宏プロファイル

東京大学医学部卒 医師・医学博士

元 東大病院医師

日本加圧トレーニング学会理事

PAGETOP
Copyright © 自然免疫医学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.